キッチンの排水詰まりは自分でも修理可能

家の中でも、特に毎日何回も利用するお台所ですが、水漏れよりも厄介なのが、キッチンの排水詰まりと言われています。簡単な水漏れであれば、自分でも修理可能ですが、つまりの場合はその程度によって、回復が難しいといったことも考えられるからです。また、こうしたつまりは、日ごろのお台所の使い方によってもリスクを抑える事ができます。

キッチンの排水詰まりの主な原因

一般家庭のお台所では、毎日の食事の下ごしらえや調理を行いますので、常に水でしめっていることも多く、その利用頻度も一番高い場所と言えるでしょう。さらに、お台所の排水パイプは、食器を洗った後の汚水や煮物などの煮汁やソースなど、普段から排水溝に流しますので、つまりの主な原因となってしまいます。特に、揚げ物や炒め物などの油を直接流してしまうと、排水パイプにこびりついてしまい、長年にわたって汚れがたまってしまう為に、排水パイプのつまりの主な原因になってしまうのです。

また、焼き鳥などでおなじみの竹串ですが、つま楊枝や割りばしなどの木とは異なり、腐ることはありませんので、パイプ内にそのまま残り、つまりの原因となってしまうこともあります。現在は、どのご家庭も、ステンレス製などのごみ受けを設置していますので、異物を流すといったことも少なくなりましたが、それだけでは根本的な解決策にはならないのです。

これだけは用意しておきたいキッチン排水詰まりに必要な道具

お台所の排水パイプのつまりの原因は、調理や食材の油脂分が一番大きな原因になりやすく、次に食材のカス・残飯などが挙げられます。また、日ごろから使用している洗剤の溶け残りも、その原因となり得るもので、排水管内に発生したヌメリなども詰りの原因となってしまいます。パイプが詰まってしまえば、修理する手間が増えてしまいますので、日ごろから食べ物の残りかすなどこまめに捨て、ごみ受けやパイプ回りの清掃は予防策としても非常に効果があります。

しかし、一度詰まってしまえば、何度も起こる可能性もありますので、修理の為にいくつか道具を揃えて置くのもよいでしょう。家庭用のつまりを解消する道具としては、台所用のラバーカップや家庭用のワイヤブラシが非常に効果的です。完全に詰まってしまった場合は、これらの道具を駆使して排水詰まりを改善する事もできます。また、日ごろから、パイプクリーナーを利用する事も予防策となるでしょう。

自分で出来るキッチンのつまりの修理方法

キッチンのシンクのつまりの度合いにもよりますが、自分で修理することも可能です。つまりの対象方法ですが、ラバーカップを利用する場合は、シンクにあらかじめお湯を貯め作業を行うとよいでしょう。ワイヤブラシの場合は、根本的なつまりを解消できますが、パイプの長さや材質・ブラシの形状など、使い勝手の良さが左右されますので、ある程度のコツが必要となります。また、排水パイプが、交換できるタイプであれば、排水パイプごと交換してしまうといった方法があります。シンクの排水溝の太さは、規格化されていますので、ホームセンターなどで購入可能ですが、排水口の口径や長さなど、あらかじめ図っておくことが必要です。また、パイプクリーナーの使用について、熱湯を使用すると非常に効果的なのですが、これは、パイプやシンクなどの劣化につながりやすく、パイプの割れやひびを招く場合もありますので、多少注意が必要です。

キッチンの排水詰まりは自分でも修理可能のまとめ

お台所のつまりは、ケースによっては自分で修理することも可能です。ただし、日ごろから、排水パイプなどが詰まらないよう、日常的に油類などはシンクに流してしまわないよう、心掛けることも大切でしょう。また、お台所も10年以上経つと劣化も生じてきますので、パイプを早めに交換してしまうといった方法も効果的です。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】