キッチンの排水パイプが水漏れを起こす原因について

毎日料理をするために使用するキッチンのシンクですが、シンクは使用していると様々なトラブルを起こすことがあります。その中でも特に多いのが水漏れです。水が漏れる箇所もいろいろとありますが、排水パイプから漏れることもあります。その原因については様々ですが、それらをあらかじめ知っておくことで冷静に対応ができます。具体的にはどんな理由が考えられるのでしょうか。

接続部分のナットが緩んでいる

排水パイプの接続部分にはナットがあり、それによって固定されて水が漏れないようになっています。このナットが緩むことが原因で接続部分から水漏れを引き起こしてしまいます。どの家庭でも起こることですし、定期的にナットのチェックをしなければなりません。

接続部分は排水トラップとつながる部分、排水管とつながる部分にあります。この場所は常に水が流れ負荷がかかります。年月の経過とともに徐々に緩んでいく事があります。緩んでいくと少しずつ水が漏れていきます。

初期の段階ではパイプの表面に水が付着している程度ですが、症状が悪化するとシンク下が濡れるようになります。さらにぽたぽたと接続部分から水が漏れていくようになります。このような症状が起こるとシンク下を清潔に保つことができませんし、キッチンも不衛生になってしまいます。

ナットが緩んでいる場合には、自分で締めることができます。自宅にある工具を使用し、しっかりとナットを締めれば完了です。簡単ですので、自分で対処することも十分に可能です。

接続部分のパッキンが劣化することが原因の場合

排水パイプと排水トラップ、排水管がつながっている接続部分にはパッキンがあり、このパッキンが劣化を起こすことで徐々に水漏れを起こすことがあります。その症状はパイプ表面がうっすらと濡れている程度から始まります。

うっすらと濡れる程度でも実は水が漏れています。症状は軽くてもシンク下が不衛生になってしまいます。症状が悪化してくると、水が少しずつ漏れていることが目で見てわかります。さらに悪化するとシンク下に向かって水が漏れていきます。

パッキンは消耗品で、年月の経過とともに劣化を起こしてしまいます。そのためいずれ水漏れが起こってしまうようになります。そのため定期的にパイプのチェックをしなければなりません。

排水パイプの破損やひび

シンク下にキッチンアイテムなどを収納する際に、様々な場所にキッチンアイテムが当たることがあります。また排水パイプが徐々に劣化していくこともあります。これらが原因で表面にひびが生じたり、破損を起こすことがあります。

ひびや破損を起こしてしまうと、徐々に破損個所から水漏れが起こってしまいます。破損が小さい場合にはパイプの表面が濡れている程度ですが、破損が大きいと水が漏れていることが目で見て分かるようになります。

破損やひびが起こっている場合には、パテで応急処置を施すことができます。パテはホームセンターでも販売されており、簡単に入手できます。ただ応急処置だけで、完全に修理をすることはできません。そのため、早めに水道修理の業者に連絡をしなければなりません。

原因をあらかじめ知っておくことが大切

キッチンのシンクにある排水パイプはナットの緩みやパッキンの劣化が原因で水漏れが起こることがあります。またパイプ表面の破損やひびによって水が漏れることもあります。場合によってはこれらが同時に起こり、より症状がひどくなってしまうこともあります。そういったことが起こる前に定期的にシンク下を点検するようにしてください。また症状が見られた場合には、自分で対処したり、水道修理の業者に連絡をして速やかな対応を依頼することが大切です。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】