キッチンの排水溝がつまってしまう原因について

料理を作ったりするときにキッチンではシンクを使用しますが、年月の経過とともに排水溝が徐々につまってしまうようになります。つまりによって排水が流れなくなり、逆流するようになってしまいます。こうなると料理などを作ることはできません。日々の生活に支障が出るため、その前につまる原因を知っておく必要があります。それによってつまりを予防できます。

油汚れが原因でつまりが起こる

キッチンのシンクで油のついた食器などを洗うことで排水溝に付着し、つまってしまうようになります。少量では問題なくても毎日少しずつ油を流すことでつまりが起こって水が流れにくくなったり、逆流を引き起こしてしまいます。

油を使って料理をすると、フライパンや鍋などの調理器具が油で汚れてしまいます。また食器にもべったりと油が付着します。これらを洗う際に少しずつ油が排水溝へと流れていきます。油は徐々に固まり、その上に新しい油が付着するとどんどん水の通り道が細くなってしまいます。

油の流れが繰り返されると、最終的に水の通り道が塞がれ、水が逆流するようになります。これがつまる原因の1つです。これを防止するためには、食器や調理器具を洗う前にキッチンペーパーで油を拭き取っておくことが大切です。また定期的に重曹とクエン酸、またパイプクリーナーで掃除をすることも必要です。

食材が原因で起こるつまり

シンクで食材を切ったりする、また食器や調理器具を洗うといった時に食材が排水溝を流れてしまうことがあります。これによってつまって水が流れにくくなったり、逆流してしまうことになります。

食材は通常料理を作る際に水と一緒に流れないように気をつけるものです。またごみ受けのかごに引っかかって流れないようになっています。しかしごみ受けかごを食材が通過してしまったり、隙間から食材が流れてしまうことがあります。

食材が通過すると途中で引っかかってしまうことがあります。少量であれば水の流れが悪くなりませんが、少しずつ引っかかる食材が多くなると水の通り道が塞がれてつまってしまうようになります。食材がごみ受けかごを通過しないように、定期的にごみ受けかごをチェックするようにしてください。

その他のものが流れることで起こるつまり

シンクにスプーンなど食材や油以外のものが落ちてしまうことでシンクのつまりがおこることがあります。あまりないと思われがちですが、ごみ受けかごがない家庭ではついうっかり排水溝の中に落としてしまうこともあり得るのです。

キッチンの中には様々なアイテムがあります。中には爪楊枝のような小さなものもあります。キッチンの中のこういったものが流れてしまい、水が流れなくなると逆流してきたりします。このケースでは掃除をしたり、落としたものを引き上げることはとても難しいものです。

このケースの場合には、自分で対処することはできません。キッチンなどの水回りの修理を行っている業者に対応を依頼しなければなりません。そのまま放置していると、症状が悪化し、改善のための費用が大きくなってしまいます。そのため放置せずにすぐに業者に連絡するようにしてください。

つまる原因となる油などを流さないことが大切

シンクは毎日使用しますが、油を流してしまうことには無頓着になりがちです。また食材をシンク下に落としたりしてしまうこともあります。そのため、排水溝が流れにくくなる原因となる油などを事前に除去したり、食材や爪楊枝などを落とさないように気をつけることが大切です。また定期的に排水溝の掃除をしたり、場合によっては水道修理を行っている業者に点検を依頼することも大切です。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】