キッチンの排水溝がつまらないための予防法

キッチンでは毎日のように料理をしますが、徐々に排水溝が汚れてしまうようになります。また食べ物が流れていき、水の流れが悪くなっていきます。その後につまりが生じてしまいます。つまってしまうとキッチンが使えなくなってしまうため、生活ができない場合も出てきます。そのため、日頃からつまり予防を行っていくことが必要です。

パーツをこまめに洗う

キッチンの排水溝には蓋やごみ受けのかご、排水トラップがあります。これらのパーツを洗剤を使用して定期的に洗うことがつまりの予防になります。その際には洗い桶の中に洗剤を入れ、全てのパーツを入れてブラシで優しく洗浄します。

ブラシは柔らかめのタイプを使用してください。固いブラシで洗うとパーツの表面が傷つき、油が付着しやすくなります。掃除にも時間がかかってしまいます。またパーツが汚れていると悪臭の原因となってしまいます。清潔を保つ目的でもパーツは1週間に1回など定期的に洗うように習慣にしていくといいでしょう。

ごみ受けにきめの細かいネットを使用する

キッチンの排水溝のごみ受けは食べ物が流れていかないように設置されていますが、食べ物のカスが小さいとごみ受けを流れてしまい、つまりの原因となります。そのためごみ受けに使用するネットはきめの細かいタイプを使用するようにしてください。

ネットを使用する際にはしっかりとごみ受けをカバーするようにしてください。またある程度ゴミが溜まったらすぐに新しいネットと取り換えるようにしてください。あまりゴミが多いとネットが破損して食べ物のカスが流れてしまう恐れがあります。

ネットを使用するとごみ受けが汚れやすくなります。そのため、定期的にごみ受けを洗浄するようにしてください。悪臭がする場合には塩素系の漂白剤で漂白をするといいでしょう。

油を排水溝に流さない

油を流すと油が固まってつまりの原因となってしまいます。予防のためには油を流さないようにすることが大切です。油がべったりとついている食器や調理器具はペーパータオルで拭き取っておくことが大切です。また古くなった油を直接排水口に流すことも避けてください。

食器や調理器具を洗う時には油も一緒に流れてしまいます。そのためペーパーであらかじめ拭き取っておけば、つまってしまうのを防ぐことができます。この方法は日常的にできる簡単な予防法です。

また古くなった油は凝固剤や給水シートに染み込ませ、燃えるごみとして捨てるようにしてください。油を直接流すと排水パイプなど他の部分がつまってしまう原因となります。

食べ物のカスを流さない

食べ物の小さなカスを少量だからといって流すとつまってしまう原因となります。そのため、食べ物のカスは三角コーナーに一度捨ててしまうようにしてください。三角コーナーがない方も、つまり予防のためにシンクに設置するようにしてください。

三角コーナーも定期的に洗うことが大切です。三角コーナーに油汚れなどがついていると、油が排水溝に流れていき、つまってしまう原因となります。また掃除を怠っているとキッチンの悪臭の原因にもなってしまいます。ブラシで掃除したり、時には塩素系の漂白剤で漂白をする程度で構いません。

簡単な予防法で定期的なケアを

キッチンの排水溝はつまりが起こりやすいものです。シンクは毎日使うものですから、いろんな原因によってつまってしまうのです。そのため日ごろからつまって水が流れなくなるのを避けるために油や食べ物のカスを流さないような工夫が必要です。また定期的にパーツの洗浄を行うことも大切です。ただ気をつけていても水がながれなくなってしまったり、流れにくくなる場合もあります。その場合には専門の業者に連絡するようにしなければなりません。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】