キッチンにおけるおすすめの収納リフォームの具体例

キッチンのリフォームを考える場合、その中で最も気になるのが収納ではないかと思います。使用していない家電製品や賞味期限切れのレトルト食品、さらに閉まったまま忘れ去られた容器などはありませんか。それら悩みは全て収納が関係していることが多いので、しっかり対処する必要があります。ここでは、キッチンのオススメ収納リフォームの仕方を紹介します。

ポイント1「食品庫に注意」

キッチンの収納リフォームを考える際、大切なのが食品庫になります。食品庫には様々なものを入れますが、中にはゴミ置き場と化しているところもあります。せっかくの食品庫をゴミ置き場にするのは、とてももったいないことです。

台所のオススメリフォームのポイントのひとつが、「食品庫をゴミ置き場にしない」ことです。以前と比べ、調味料や保存食品の種類はかなり多くなってきています。スパイスやレトルト食品、缶詰や乾物、瓶詰めやお米、ジュースなど、数多くの食品を食品庫にストックしている家庭も多いことでしょう。それら保存食品を整理してみると、かなりの数になることがあります。一度保管してしまうとそのまま忘れてしまい、気がついた時は賞味期限切れだったという話はよくあります。

災害時などの備蓄品などを含めると、食品庫にストックしている食品はかなりの量になります。せっかくリフォームしたのに、入りきらないで、新たに食品用の収納ボックスを買い足すなどのケースも少なくありません。そのようなことを防止するためにも、全てのものを一箇所にまとめることができるようなリニューアルの方法をオススメします。例えば、使用頻度の高いものと頻度が低い物を分けられるようにすると、キレイになります。

ポイント2「調理家電の置き場所に注意」

キッチンの収納リフォームでは、家電製品の存在もポイントです。調理家電を使うかどうか、それは実際に取り出すまでのハードルで決まります。

調理家電というと、電子レンジや炊飯器、フードプロセッサー、ホームベーカリー、コーヒーメーカー、ハンドミキサーなど様々なものがあります。それらを全部きっちり使いこなせているかと聞かれると、自信が持てない人も多いのではと思います。一度しまい込むと、そのまま忘れてしまう人もいるでしょう。

実は、その原因が収納にあるのです。シンクの下や戸棚の奥などにしまい込んだ家電は出すのが面倒になり、そのうちに忘れ去られてしまうこともよくあります。そのためキッチンをリニューアルする際は、家電製品が取りやすい環境に整えてあげるといいでしょう。例えば、家電を棚に並べられるような方法もオススメです。

ポイント3「キッチンの高いところと低い場所は使用しない」

「台所の高いところや低い場所は使用しない」、これも大切なポイントのひとつです。人によって使いやすい高さは異なりますが、一般的に出し入れしやすい高さというのは、腰の位置から目の高さまでとされています。そこから外れた高さになると、出すのも仕舞うのも面倒になり、次第に使わなくなってきます。

せっかく購入した新品の電化製品も、そのように使いづらい場所にしまうと忘れ去られてしまう可能性がありますので注意が必要です。そのため使用頻度の高い食器や鍋などは、出し入れがしやすい場所に整理できるようなリニューアルをオススメします。そうすることで、全体的な使い勝手もよくなると思います。

業者としっかり打ち合わせしてださい

台所のリニューアルをする際、避けて通れないのが収納の面です。せっかくリフォームしても、使いづらいままの状態が変わっていないと意味がありません。そのためリニューアル前にそれまでの問題点などを検討し、使いやすいものなるように業者と相談することをオススメします。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】