キッチンの水漏れ時に自分でできる修理方法とは

毎日料理を作るために使用するキッチンですが、キッチンでトラブルがあると生活がストップしてしまうこともあります。トラブルは様々なタイプがありますが、中でも特に多いのが水漏れです。その理由も多くあり、一度起こると改善されないものです。このトラブルが発生した際には自分でできる方法もあります。事前に知っておくとすぐに対処できて安心です。

床からの水漏れの修理方法

キッチンの床に水で濡れている場合には、多くはシンク下でトラブルが発生しています。まずシンクと排水トラップとの接続部分で水が漏れていることが原因として挙げられます。また排水トラップと排水管を繋げている排水パイプで水が漏れることもあります。

排水トラップとシンクの接続部分にはナットがありますが、ナットが緩んでいると水が漏れることがあります。この場合にはナットを自宅の工具で締めれば水の漏れが解消されます。また部品であるパッキンの劣化によって水が漏れてしまうことがあります。パッキンは消耗品のため、これを新品と取り換えれば水の漏れが解消されます。

排水パイプも劣化によってもろくなりやすく、破損やひびが発生して水が漏れる場合もあります。この場合には応急処置的にパテで破損個所を塞ぎます。パテはホームセンターで販売されており、簡単に使用できます。ただパテで応急処置をしてもいずれ症状が再度発生する恐れがあるため、早めに業者に連絡するようにしてください。

蛇口からの水漏れの修理方法

キッチンのシンクにある蛇口から水が漏れることがありますが、蛇口と給水管の接続部分にあるナットが緩んでいることでこの症状が生じていることがあります。この場合には自宅にある工具でしっかり締めます。これによって水の漏れが解消されます。

またナットの他にパッキンの劣化が原因で水が漏れてしまうことがあります。この場合には同じタイプの新しいパッキンを取り換えれば簡単に改善が可能です。パッキンは蛇口の種類によって異なるため、型番などをあらかじめチェックし、ホームセンターやネット通販で正しい商品を購入するといいでしょう。

蛇口に関しては蛇口内部の部品の劣化によって水漏れが起こっていることがあります。この場合には内部を開けて新品と取り換えればいいのですが、ただ開けにくかったり自分で対応することで症状が悪化してしまうことがあります。そのため、蛇口内部の不具合の場合には、業者に依頼することをおすすめします。

排水管のつまりによる水漏れ

キッチンのシンク下にある排水管がつまることでシンク下が濡れてしまうことがありますが、この場合には専用のクリーナーを使用することで改善されることがあります。市販の商品でパイプクリーナーがあり、これを排水口に流して使用します。

パイプクリーナーを使用する修理方法は誰でもできる簡単な方法です。ただ改善されないからといって何度もパイプクリーナーを使用すると排水パイプなどを傷めてしまう恐れがあります。場合によっては他の箇所で水漏れが起こってしまう可能性もあります。そのためパイプクリーナーを使用しても改善されない場合は、業者に連絡して修理の依頼をしなければなりません。

できる範囲で修理をすることが大切

キッチン内部では特にシンク下で水が漏れていることが多いものです。水が漏れていてもそのままにしていると水道料金が上がってしまいます。また改善されず症状がより悪化してしまうこともあります。そのため自分で対応できる範囲のことは早急に行うといいでしょう。ただ自分でできないことは決して無理をしないようにしてください。その場合には業者に依頼をした方が安全です。いずれにしても水の漏れは早めに対応することが大切です。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】