台所のリフォームを検討する時期のタイミングとは

排水の詰まりやレンジフードからの異音など、長年キッチンを使っていると様々なトラブルが出てきます。そんな時、「新しいものにしたい」と思う人も多いのではないかと思います。

そこで今回は、キッチンリニューアルの検討時期のタイミングなど見てみたいと思います。台所を新装の時機をうかがっていた方は参考にしてみてください。

機器や設備に不具合が発生したとき

キッチンのリニューアルのタイミングは様々ですが、そのひとつが機器や設備に不具合が発生した時です。排水菅の詰まりやレンジフードから異音がするなど、キッチンの設備機器に何かしらの不具合が生じた時はリフォームを検討したほうがいいかもしれません。

機器や設備に不具合が生じたまま使い続けていると、機器が破損してしまう可能性があります。ただ単に汚れが目立つ程度であれば問題ありませんが、水漏れが頻繁に起こるようになったり排水管や排水口が詰まりやすくなったりすると、衛生面の問題も出てきますのでそのまま使い続けるのはオススメできません。このように機器や設備のどこかひとつでも不具合が生じた時は、たとえ他は異常なくても、全体の設備も寿命が近づいていると見ておいたほうがいいでしょう。

1箇所だけ補修しても、すぐにまた他の設備が破損してしまう恐れがあり、そうなると修理費用がかさんでしまうこともあります。明らかに設備に不具合がある時子は、リフォーム業者に相談してみることをオススメします。

全体的な使い勝手が悪くなった時

台所全体の使い勝手が悪くなったと時も、リニューアルするタイミングと見ていいでしょう。キッチンは調理で毎日使用する場所でもありますので、使い勝手が悪いと次第にストレスが溜まってきます。そうなると、せっかくの料理も美味しく仕上がらないかもしれません。ですので、自分に合ったキッチンシステムにリフォームしてみるのもひとつの方法と言えます。

ストレスをなくすには、自身に合ったものを選ぶことが大切です。人によって選定基準は異なりますが、例えば、自分の背丈とシステムの高さが合っているかどうか、ワークトップの広さが適当なのかどうかなど、自分なりの選定ポイントを考えてみるといいでしょう。キッチンのリフォームは大規模な工事になりますが、レイアウトを変更することで作業動線が改善されます。その結果、動きやすいなど使い勝手の良いものに変わります。

設備別の耐用年数を把握しておきましょう

台所のリフォームのタイミングを計る場合、設備や機器の耐用年数などを把握しておくとやりやすくなります。台所の設備機器は、たとえ耐用年数を超えても使用はできますが、その分、性能が落ちてしまう可能性があります。使用には影響がないこともありますが、使い勝手が悪くなるとストレスの要因にもなりかねません。そのため耐用年数を新装のタイミングにしてみるのも、ひとつの方法と言えます。

具体的な耐用年数は以下のようになっています。ガスコンロの耐用年数は10~15年程度で、ガスコンロの火が付かなかったり、ついてもすぐに火が消えたりする時は注意が必要です。IHクッキングの耐用年数は10~15年程度で、温まらない、煙が出る、異音がする、電源が入らないなどの時は交換のタイミングと言えます。レンジフードの耐用年数は10年程度で、フード周辺の天井や壁が油で汚れたり、異音がしたり、振動したりする時は交換のタイミングと考えていいでしょう。

リニューアルのタイミングに注意が必要です

台所のリフォームをいつすればいいのか、そのタイミングに迷う人も多いのではないかと思います。リフォームする時期は人それぞれですが、ある程度の目安もあります。機器や設備の不具合や耐用年数の超過など、様々なものがありますので参考にしてみるといいでしょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】