キッチンの水漏れには早急な応急処置が必要

お台所など、水回り部分の水漏れを発見したら、即座に応急処置を施しておく必要があります。戸建て住宅であれば、自分の家の損害だけで済みますが、マンションなど集合住宅の場合は、下の階などに水漏れの被害が及んでいるケースも少なくなく、最悪な状況では損害賠償を請求されるといったケースもみられます。

キッチンの水漏れのタイプを調べよう

持ち家や借家住まい、いずれにせよキッチンの水漏れには、早めの応急処置が必要になります。特に、床部分が木造であることの多い戸建て住宅は、被害が大きくなることによって、床が腐ってしまい、大規模な工事を行わなければならない状況にもなりかねないからです。また、マンションでは、鉄筋コンクリート造りとあって、思ったよりも水が多く漏れ出てしまっている可能性もあります。そこでまずは、ご自宅の応急処置として、どの部分から水が漏れているのかをしっかりと確認しておきましょう。

台所の床下など、見た瞬間水の漏れがひどいと感じたら、即座に止水栓あるいは水道の元栓を閉めておきます。ただし、水道の元栓を閉めてしまうと、家全体の水道の供給が止まってしまいますので、トイレや洗面所が使用できないことになりますので注意しておきましょう。また、応急的な処置を行うにも、水を止めておかなければ、対応できない場合もあります。

キッチン水漏れのタイプ別応急処置

キッチンの応急処置として、まずは止水栓をしっかりと止める事から始めましょう。お台所の場合、この止水栓はシンク下の収納部分にあることが多いので、懐中電灯を使用し止水栓のハンドルをしっかりと締めておきます。タイプによっては、マイナスドライバー式の場合もあります。また、老朽化によって止水栓そのものがさびついている場合、無理に開けようとせず水道の元栓を止めることを優先させましょう。

水が漏れてしまうケースとして、一番多いのが蛇口からの漏れです。ぽたぽたと水が滴るようであれば、パッキン部分に劣化や痛みが生じている可能性が高く、新しいパッキンに交換しなければなりません。蛇口のタイプとして、手でひねるタイプとレバータイプがあり、それぞれに修理工程が異なりますので、しっかりと確認しておきます。次に多いのは排水パイプの水の漏れ、その次に多いのが給水口の水道管の継ぎ目からの、漏れといったものが考えられます。

キッチンの水漏れ対策に必要なアイテム

お台所の水の漏れが、蛇口から起きている場合、手でひねるタイプとレバータイプがありますが、それぞれに応急処置の工程が異なってきます。まず、手でひねるタイプですが、そのほとんどがパッキン部分の劣化や痛みであることが多いので、まずはパッキンを取り出し、ホームセンターなどで同じ大きさのパーツを購入しておきます。蛇口を開ける際には、水栓スパナ・モンキーレンチ・マイナスドライバーなどの工具類が必要となります。

また、レバータイプの蛇口では、モーターレンチまたはコーナーレンチ、プラスドライバー・マイナスドライバーなどを用意しておくとよいでしょう。レバータイプの蛇口の場合、ケースによってはお湯と水の混合カートリッジを、交換しなければならない場合もあります。そして、排水パイプや給水パイプの水の漏れの対応ですが、応急的な措置として、ビニールテープや耐水テープなどで止めますが、あくまでも一時的な措置ですので、水道管のトラブルの場合は速やかに業者を呼びましょう。

キッチンの水漏れと応急処置のまとめ

お台所の水のトラブルは、早期発見と早期の応急的措置が必要となります。ご自分で対応できない場合は、一刻も早く止水栓や水道の元栓を閉じ、専門の水道業者を呼ぶ事をお勧めします。この時に大切なのは、水が漏れ出てしまっている個所に、雑巾やタオルなどをかぶせて、しっかりと水分を取っておきましょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】