事前に防止することでキッチンから水が漏れるのを回避できます

キッチンには様々なトラブルが起こりますが、その中のひとつが水漏れです。ある日、突然に水が漏れてくることもありますので、日頃から注意しておきましょう。できれば防ぎたいのがキッチンの水漏れではありますが、事前に予防することもできます。ここでは、台所から水が漏れるのを予防する方法を見てみましょう。

シンクに注意してください

キッチンの水漏れは様々なものが原因で起こることがありますが、シンクにも注意する必要があります。「最近、シンクの水の流れが悪い」と感じた時は、特に要注意です。

「いつかよくなるだろうと」と思い、そのままの状態にしておく人もいますが、それではかえって悪くなってしまいます。そのままの状態で放置してしまうと最終的には排水管が詰まってしまい、その結果、水が逆流してきて水が漏れてしまう可能性があるのです。

そして水を使おうとすると、さらに水が溢れ出してしまうので、最終的に水道が使えなくなり、日常生活に支障をきたしてしまう恐れがあります。そうなると自分では修理できず、結局、水道修理の専門業者に依頼する羽目になってしまいます。状態や修理業者にもよりますが、最終的に修理代金がかさんでしまうかもしれません。

シンクの水の流れがいつもと違うと思ったら、早めに対処することが大切です。そのような状況を回避するいためにも、普段から台所の使い方に注意しておくとよいでしょう。詰まり予防するため、定期的なメンテナンスをオススメします。

蛇口に注意してください

キッチンの水漏れと聞くと排水溝や排水管の詰まりをイメージする人も多いと思いますが、詰まりというのは何も排水溝や排水管だけではありません。それ以外にもまだあり、そのひとつが水道の蛇口です。水道の蛇口の部分に何かしらの不具合が生じてしまうと、水が漏れてしまうこともあるのです。

実際に発生しやすい部分としては、蛇口のパイプの箇所があります。ここはいつも蛇口をしっかり閉めている部分でもありますので、少しずつ水が漏れてくることもあるのです。

蛇口のパイプ部分を確認し、水が出ているようであれば、蛇口内部のパッキンの劣化が考えられます。パッキンは消耗品ですので、時間の経過とともに劣化していきます。水が漏れるのを予防するためにも、定期的に交換をするようにしてください。パッキンは近くのスーパーやホームセンターなどに売っていますので、時間がある時にでも買い足しておくといいでしょう。

また、蛇口はある程度の期間が経過すると、製造中止になることもあります。その結果、水が漏れた時に蛇口交換ができなくなる可能性もありますので、その点も注意しておきましょう。不安な場合はメーカーや、近所の修理業者に相談することをオススメします。

壁の水漏れについて

キッチンの水漏れは、壁にも被害が及ぶことがあります。その場合は、蛇口と壁の間より水が漏れていることも考えられます。壁が濡れる際の予防方法としては、定期的な蛇口のパッキン交換や、コーキング対策などがオススメです。

ちなみにコーキングというのは、シリコンや樹脂といったシーリング材を使用した方法です。実際に水が漏れている壁の穴やすき間、ヒビ割れなどを埋めていくことになります。シーリング材を使用して補修しておけば、やがて起こるかもしれない水漏れを事前に予防できるのです。シーリング材の取り扱いはそんな難しいことでなく、さらに価格もそう高くありませんので、自身でのコーキングも可能です。

日頃からの定期点検が大切です

キッチンの水漏れをそのまま放置しておくと、さらに悪化してしまう恐れがあります。そのため、水が漏れている時は早めに対処することが大切です。ただ、事前に対策することで予防もできますので、パッキン交換など、日頃から注意しておきましょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】