戸建てのキッチンリフォームで気をつけたいポイントとは

戸建てに住んでいる方でシンクなどキッチンリフォームをしたいと思う方もいることでしょう。施工を行うことでこれまで以上に快適に料理ができるようになりますし、清潔感も得られます。ただ自分の希望をそのまま形にするのではなく、気をつけたいポイントを考慮に入れながら施工をすることが大切です。どんな点に気をつければいいのでしょうか。

導入するキッチンの幅に要注意

戸建てのキッチンの中に新しいシンクを導入するケースは多いものですが、この際にシンクの幅をあらかじめ検討しておかなければなりません。搬入経路はそれぞれの家庭で異なりますが、シンクによっては通ることができない場合があります。

シンクは様々なタイプがありますが、幅や長さが異なります。そのためどんなタイプであっても選択できるわけではありません。また搬入が何とかできても作業の際に壁にシンクが当たってしまう恐れがある場合もあります。さらに搬入はできてもスムーズに移動ができないため、作業効率が悪くなってしまうこともあります。

リフォームをして新たにシンクを導入する場合には、事前に搬入経路の測定をしておく必要があります。その上でシンクを選択すればスムーズに施工に入ることができます。自分で測定ができない場合には、施工会社に依頼をして測定をしてもらうと確実です。この点は施工会社を選択する前にきちんと頭に入れておくようにしてください。

戸建てのシンクの移動ができない場合もある

シンクの場所が気に入らないため、別の場所に移動させたいかたもいることでしょう。ただ一戸建てでも排水管の位置を移動できないため、シンクの場所の移動が不可能なケースもあります。野菜などの洗浄をしたりする際に水を使いますが、水は排水管を通って屋外に排出されます。そのため排水する必要があり、シンクと排水管がつながっていなければなりません。

また排水管にうまく水が流れるためにはある程度の勾配が必要になります。高さがなければ排水ができなくなってしまいます。そのために追加の工事が必要な場合もあります。費用が多くかかってもシンクの場所を移動させたい場合には、あらかじめ予算が思ったよりもかかることを理解しておかなければなりません。

戸建ての2階部分にキッチンの増設をする場合の注意点

2世帯で暮らすといった場合に、2階部分にリフォームをして新たにキッチンを増設したい方もいます。ただその場合には設置する部分に十分なスペースがなければなりません。また2階の真下にキッチンがなければ、工事がより複雑になってしまいます。

十分なスペースがないのにリフォームをしてしまうとリビングがとても狭くなってしまい、快適さが失われてしまいます。そのため施工前に施工会社に十分に相談をし、どの程度のスペースが確保できるのかチェックすることが大切です。

またリフォームをする場所が1階部分から離れていると、給排水の工事が複雑になってしまいます。排水管を長く必要とし、追加で工事が必要になることも多くなります。費用も多くかかってしまいます。この場合でも施工をする前に施工会社に相談をしっかりとしておかなければなりません。

施工前に十分に理解しておくことが大事

リフォームを一戸建てで行う場合には、自分の好きなようにできるわけではありません。マンションほど制約はないのですが、ただシンクの搬入や排水管に関することなど、クリアしなければならない点が多くあります。また自分の希望をできるだけ叶えようと思ったら、追加の工事も必要になります。施工を行う前に、施工会社と相談をして予算がどの程度かかるのか、また追加の工事は必要なのかなど、様々な点をあらかじめ知っておく必要があります。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】