キッチンの収納リフォームでおすすめのお悩み解消できる収納

キッチンの収納リフォームをする背景には、収納スペースが不足している、設置された吊戸棚が使いにくい、家電を設置する場所がない、作業スペースが不足している、など様々な理由があります。こちらではキッチン収納について、お悩みを解消できる、お悩み別のおすすめの収納リフォームをご紹介します。

キッチンの収納リフォームで、最も多いお悩みは、収納スペースが不足していることです。そこでおすすめの収納アイテムが、壁一面を広く活用できる大容量のカップボードになります。

クリナップからは家電が収納でき引き出しが豊富なタイプ、リクシルからは上下に分かれた吊戸棚と引き出しのセット、パナソニックからは半透明の扉がスタイリッシュな大型カップボードがおすすめです。

次に吊戸棚が使いにくい、というお悩みには、電動で引き下ろすタイプや、手動で引き下ろすタイプに、リフォームすることがおすすめです。
電動で引き下ろすタイプは、クリナップはコンセントがあり調理家電も収納できるところが特徴で、パナソニックやリクシルからは2段構造で、食器が多く収納できるものが販売されています。
手動で引き下ろすタイプはクリナップとパナソニックから出ています。手動は下ろす動作がしやすいハンドルが付いています。

次に家電を設置する場所がないお悩みですが、家電収納付きのカップボードがおすすめです。クリナップからは、カウンターの下から台が引き出せるタイプ、リクシルからは家電タワーという蒸気排出ユニットがあるキッチンクローゼットがあります。

次に作業スペースが不足しているお悩みには、カウンターを設置することもいいのですが、シンクの上を有効活用するパナソニックのスキマレスシンク、IHが横に並び作業台として使用するトリプルワイドIH、プレートを利用してシンクの上に作業場所を作るリクシルのWサポートシンクがおすすめです。

キッチン収納リフォームでは、お悩み別に最適なものを選ぶことで、お悩みが解消されます。
収納場所がないなら、スペースを有効活用できる大容量カップボードや吊戸棚、家電を置く場所がないなら、家電を設置できる収納棚など…お悩みが明確になれば、リフォームして問題解決することは簡単です。

まず、キッチンが使いにくい理由が何なのかじっくり考えてから、具体的なリフォーム計画を練るようにしましょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】