キッチンリフォームでオススメの使いやすいレイアウトをご紹介

キッチンリフォームをする時に最も重要なレイアウトは、キッチンの使いやすさを左右します。使いやすくて機能的なキッチンのレイアウトをするためには、キッチンでの一連の動作や、一般的なレイアウトのタイプをいくつか知っておいてください。

キッチンリフォームでのレイアウトを考える場合、食材を出す・洗う・切る・加熱調理する・配膳する・片付ける・食器を洗う・食器を棚に戻すまでの流れを考えて、配置していきます。

また、キッチンの代表的なレイアウトは6種類あるので、好みのものを選んでみましょう。
悩む時は、一連の作業を想像してみます。
つまり、順を追って考えていくと、食品庫・冷蔵庫、シンク、調理台、コンロ、食器棚、テーブル、シンク・食洗機、食器棚という順になります。

一般的に右利きの人は右回りに配置していき、左利きの人は左回りに配置する形になります。次に通路幅とキッチンの高さ・寸法を考えます。

通路幅は1人で使う場合は90㎝程度、2人で使う場合は1m20㎝程度を確保します。
キッチンでは様々な動作があるので、通路幅には少し余裕を持たせます。また、カウンターの高さは身長÷2+5㎝が目安なので、一番使用する方の身長で計算します。

キッチンの代表的なレイアウトには、I型・L型・U型・Ⅱ型・アイランド型・ペニンシュラ型があります。I型は横一直線で、動線が長くなるので小型キッチン向けです。L型はL字に配置し、動線がコンパクトになり機能的なことが特徴です。U型は囲まれた空間になるところが特徴で、動線が短く作業効率をよくしたい人に最適です。

Ⅱ型はシンクと調理スペースを分けた広いキッチンで、アイランド型は囲むように作業できるので、大勢が集まるパーティをしたい人向けです。ペニンシュラ型はダイニング側にイスを置いてカウンターにできる、人気のキッチンです。

キッチンは家の中でも、使用する人が様々な動作をする場所で長い時間使う場所になります。

ただ立つだけでなく、しゃがんだり、引き出したりするため、動線を妨げない使いやすいレイアウトに、リフォームすることが重要です。

食器棚からテーブルまでの配置、通路幅やキッチンの寸法や高さを考えて、一般的な6種類の中から最適なレイアウトを選ぶことで、機能的で使いやすい理想のキッチンリフォームができあがります。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】