キッチンリフォームで重要になる平均的な作業期間とは

キッチンリフォームをしたいが、作業期間がどのくらいなのか分からず、躊躇しているという方はいませんか?リフォームにかかる平均的な作業期間について知っておくことで、片付けなどの準備や、使えない期間を把握することができます。こちらでは平均的な作業時間をご紹介したいと思います。

キッチンリフォームの平均的な作業期間は、どの程度のリフォームをするのかで、大きく差が出てきます。リフォームの規模によって必要な工程の数も全く違いますので、規模ごとにご紹介します。

まず、キッチン交換のみの場合、作業期間は平均3~4日で、最短では2日、最長では1週間という作業期間になります。キッチン交換だけでなく、壁・床の張り替えも行う場合、作業期間は平均1週間で、最短では5日、最長では10日という作業期間になります。さらにキッチンの場所を移動させる大規模なリフォームは、平均2週間で最短で10日、最長で1ヶ月という作業期間になっています。

キッチンリフォームでは、このように作業規模が大きくなるにつれて、作業期間はどんどん長くなっていきます。
キッチンの場所を変えず新品と交換するだけの場合、使っていたキッチンの解体・新品のキッチンの搬入という工程だけのため、最も短い作業期間になります。
ただ、電気・水道工事・大工作業がある場合など、オプションが増える場合、予備日を設ける場合は、作業期間が長くなっていくため注意が必要です。

キッチン交換に壁・床の張り替えを行う場合は、必ず電気・水道工事・大工作業など付帯する工事があります。さらに間仕切りの取り外しなど、追加工事を行う場合は、作業期間はもっと長くなります。

現在のキッチンの場所を変えるリフォームは、最も作業期間がかかります。
これはキッチン一角だけでなく、LDK全体のリフォームに発展していくからです。
例えば、リビングと隣の部屋の間仕切りをなくして広さを確保して、LDKのイメージをガラッと変える場合は、長く見積って1ヶ月ほどの作業期間は必要になります。

毎日使うキッチンをリフォームする場合の作業期間は、誰でもできるだけ短い方がいいものです。
キッチンリフォームの作業期間の短縮について考えている方や、リフォームするか迷っている方は、ご紹介したリフォームの作業規模ごとの、平均的な作業期間を目安にしておけば、事前に準備することができ安心です。
作業規模が大きくなるごとに作業期間も比例してかかるので、念頭に置いてリフォームの計画を検討してみましょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】