キッチンのリフォームをマンションでする時に注意したいこと

キッチンリフォームをしたいけれど、マンションという方の場合、一戸建てとは注意しなければならない制約がいくつかあります。
それはマンションの構造や管理制約があるためです。
マンションのキッチンをリフォームする前に注意することをご紹介しますので、よく確認してから、計画を立ててみてください。

キッチンリフォームをマンションで行う場合の注意点は、増築することができないため、限られた面積でレイアウトを考える必要があることです。

また、キッチンを移動させる場合の注意点は移動範囲が限られていること、マンションの管理規約についての注意点は、リフォームする内容についての制約がないか確認することなどが挙げられます。

一戸建ての場合は、もしも広さが不足しているとなれば、増改築することも可能です。しかし、マンションの場合は、決められた範囲の広さでキッチンリフォームのレイアウトを考えることになります。

キッチンを移動させる場合は、マンションの住居床下にスペースがあれば、配管の勾配が確保できますが、スペースがない場合は、配管の勾配がなくなるので移動することは困難になります。
移動させる場合はリフォーム業者と図面を囲みながら、相談してどこまで移動できるのか確認します。また、マンションには管理規約というものが設けられています。

例えば、リフォーム機器の搬入や組み立てについての制約、リフォームの工事期間についての制約、騒音防止の遮音等級についての制約、電気の容量やガス給湯器のサイズについての制約、床の材質についての制約などです。

大家さんや管理会社に承認をしてもらうか、管理組合の承認が必要な場合もあるので、きちんと確認しておきましょう。
特にマンションでのキッチンリフォームでは、IH調理器を導入する場合の電気の容量は、必ずチェックすることをおすすめします。

キッチンリフォームをマンションで行う場合、決められた範囲でのキッチンレイアウトを考える、移動する場合はマンションの床下のスペースを確認して配管の勾配をチェックする、リフォームで違反していることはないか管理規約を確認することに注意が必要です。

一戸建てとは違い、制約がある中でリフォームする必要があるので、業者とも綿密な打ち合わせをした方がいいでしょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】