キッチンリフォームに失敗しない注意点を押さえておきましょう

キッチンの詰まり、特に排水詰まりは、様々な箇所に影響を及ぼすことがありますので注意が必要です。詰まりをそのまま放置しておくと状態が悪化してしまい、さらなる被害を招いてしまう恐れがあります。少しでも被害を食い止めるためにも、事前に予防することをオススメします。ここではキッチンの、排水詰まりを予防する方法を見てみましょう。

キッチンの排水詰まりは予防法「排水口にゴミを捨てない」

キッチンの排水詰まり防止法のひとつが、排水口にゴミを捨てないことです。台所が詰まってしまうと、その後のメンテナンスが大変になります。自分で直せる場合であっても、キレイになるまでにはかなりの時間を要することでしょう。

台所の排水詰まりを防止するには、詰まりを発生させないように使うのが鉄則であり、そのひとつの方法が「排水口にゴミを捨てない」ことです。料理中に周辺に転がってしまうカットした野菜や、お米の研ぎ汁を廃棄する際に一緒に流れ出るお米、さらに調理中にまな板に残った野菜くずなど、様々なものを排水口に一緒に捨てていないでしょうか。その時は流れたとしても、その状態が続いてしまうと、積もり積もって大きな詰まりに繋がる可能性があるのです。

台所の排水口というのはその構造上の問題もあり、固形物は下流まで流れない仕組みになっています。「1つぐらい落ちても大丈夫」、「細かいものなら問題ないだろう」など、ちょっとした油断が大きなトラブルになることもありますので注意しておきましょう。予防法としては、排水口にゴミ受けをセットするなどして、細かいゴミもしっかりキャッチできるような方法があります。

キッチンの排水詰まりは予防法「排水口に油を捨てない」

台所の排水詰まり防止するには、排水口に油を捨てないことも大切です。例えば、フライパンの油を洗う程度であれば特に問題はありませんが、揚げ物で使用した油を直接、排水口に流す人もいます。これは絶対にやってはいけない行為です。

「油は流れるので問題ないのでは」と思う人もいるかもしれませんが、油が流れるのは温かい時だけです。 フライパンの油をそのまま放置しておくと、フライパンに油がこびりついてしまいますが、要するにそれと同じなのです。

排水口に油をそのまま流してしまうと、わざわざ自分で排水口の詰まりの原因を作っていることになってしまいます。油は詰まりの大きな要因に繋かりますので、日頃から注意が必要です。

キッチンの排水詰まりは予防法「ヌメリを除去する」

台所の排水管詰まりを防止するには、市販のヌメリ取りが取れる製品などを使用するのもひとつの方法です。パイプ洗浄剤なども有効ですが、市販のヌメリが取れる製品のほうが高い効果を期待できます。

ヌメリ取りの方法は様々ですが、重曹とお酢のセットがオススメです。まずは、重曹とお酢のセットを用意しておきましょう。1週間に1度程度で構いませんので、重曹とお酢を使用して排水口をキレイにしておきましょう。

やり方ですが、重曹を排水口にまき、その後に重曹の半分程度のお酢をふりかけ、15分前後放置するだけで大丈夫です。15程度経過したら、その後はお湯で洗い流すだけで、排水口のヌメリがキレイになります。この方法でメンテナンスしていけば、その後につくヌメリの発生頻度を遅らせることができます。パイプ洗浄剤よりも高い効果を期待できますので、ぜひ試してみてください。

詰まりを防止するには定期的なメンテナンスが必要です

キッチンの排水詰まりを予防する方法を紹介しました。ここで紹介した以外にもまだあるかもしれませんが、いずれにしても、日頃のメンテナンスが大切である点には変わりありません。詰まりを防止するためにも、定期的なメンテを心掛けましょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】