重曹を使用したキッチンの排水詰まり時の解決法

キッチンを使用しているときに、固形物を流さないように気をつけている方も多いことでしょう。また油ものの洗浄をする際に一度油を拭き取ってから洗うようにしている方もいるのではないでしょうか。こんな工夫をしていても徐々に排水口は詰まってしまうものです。そんな時にはエコにも役立つ重曹が便利です。どんな使用をすればいいのでしょうか。

重曹のみを使用した排水詰まりの解決法

自宅にクエン酸やお酢がない場合には、単独で詰まりの改善を図ってみても効果が見られます。この際には、排水トラップにあるごみ受けを外します。その下のカップ部分はつけておいても構いません。

この状態で直接粉を振り掛けます。あまり多く入れてしまうと排水口の中で固まってしまい、解決法としては効果が弱くなってしまいます。しばらく放置し、その後に60度程度のお湯を流します。熱めのお湯の方が洗浄効果が高くお勧めです。ただあまり熱いお湯を流すとカップや排水口を傷める原因になるので、60度を越えないようにしてください。

クエン酸を併用した排水詰まりの解決法

自宅にクエン酸がある方はクエン酸を併用して掃除をしてみるといいでしょう。クエン酸の量は重曹の半分程度でよく、それぞれを振り掛けてお湯を少量上からかけます。そうすると泡が立ってきます。

泡がたってから10分程度放置します。その後に60度程度のお湯をかけて流していきます。クエン酸を併用したほうが泡がより多くなりますし、洗浄力も高まります。そのためで消えればクエン酸を併用するようにしてください。

ただクエン酸はどの家庭でもあるアイテムではありません。クエン酸の代用としてお酢が挙げられます。お酢も同じような効果を期待できるため、お酢がある家庭ではクエン酸の代わりに使用してキッチンが排水詰まりになった時に使用してみてください。

最初に準備しておきたいもの

排水口の詰まりの改善のために重曹を使用する場合、準備しておきたいものとしてはビニール手袋があります。ビニール手袋はアルカリ性の重曹が手に付着するのを防ぐことができます。アルカリ性のものは手荒れを起こしやすいため、あらかじめビニール手袋を準備しておくと安心です。

またキッチンの排水詰まりの改善のために掃除をする際に、お湯を使用します。スムーズに作業ができるように、60度程度のお湯をキッチンに置いておくといいでしょう。

改善されない場合には、それ以上掃除を行わない

自分で排水口の掃除を行っても、なかなかスムーズにお湯が流れなくなることもあります。排水口に頑固な汚れが付着しているためです。この場合にはそれ以上掃除を繰り返すことは避けてください。

自分で掃除を何度も繰り返すと排水口を傷めてしまう恐れがあります。そうなると大がかりな修理が必要となり、料金もたかくなってしまいます。単に排水詰まりであれば洗浄などを行って改善を図ります。

排水口の洗浄は水道修理を専門に行っている業者が対応してくれます。これ以上掃除をしても改善がなされない場合には、水道修理の業者に連絡するようにしてください。

定期的に排水詰まりの予防をしておくことが大切

排水口が詰まってしまった時には手に優しい重曹を使った解決法が手軽で便利です。アルカリ性の持つ強い洗浄力でしつこい汚れを流してくれます。この時にはお酢やクエン酸をできるだけ併用するようにしてください。この方法なら自分で簡単に作業ができます。ただ自分で作業をしても改善がされない場合もあります。そんな場合には必ず水道修理の専門業者に依頼をするようにしてください。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】